タグ別アーカイブ: プラセンタ 肌に効果

30代でプラセンタって早くない?|若い40代でいるためには必要です

30代からプラセンタ

30代でどこまでやるか。40代の差は30代の過ごし方で決まります。

美容意識を調査したところ30代前半と30代後半では大きな違いがありました。
美容に興味のある方なら一度は試してみたいと思うプラセンタですが、

「動物の胎盤!気持ち悪い・・・」という生理的に受け付けない方もいますし、
「効果が出ている人ってほんと?全部メーカーの煽り記事じゃないの」と覚めた目で見ている方もいます。

プラセンタのレビュー記事は膨大な数が投稿されていますし、膨大な数の商品が売れています。中にはアンチ・プラセンタの意見もありますが、その美容効果に惚れ込む女性が後を絶たないのも事実です。プラセンタのメインターゲットは30代の女性です。30代女性が求めている効果がプラセンタには詰まっています。

30代前半とは

この時期の多くの女性は、家事や育児に追われています。そのためエイジングケアの重要性を忘れがちになっています。子供で手一杯になり、美意識は二の次となっている方が多いのです。妊娠中や産後ケアでもエイジングに差が出ます。

仕事中心の生活をしている女性は、責任を負う仕事が増えています。仕事にやりがいを感じている方も多く、自分を若く見せたい欲求と大人の女性に見せたい気持ちがせめぎあっています。

この年代でアンチエイジングを始めとした美容に対する意識の格差が生じ始めます。
この時期に美容を実践できれば、40代、50代が若々しく過ごせます。それにはプラセンタが最適なのですが、理由は後述します。

プラセンタで肌弾力の向上

30代後半とは

キレイの概念には、顔の良し悪しなどの容姿から、若さの要素が強くなります。年々「若いこと」が「キレイ」という意識になっていきます。子供中心の生活から、興味の中心が変化してきます。興味の中心が自分の美意識へ向かう方、資産へ向かう方など様々です。

美容に対する意識に格差が開き始める年代です。女性ファッション誌を買い続ける方がいれば、雑誌は卒業という方もいます。

美容意識の高い女性は、様々な情報を元にアンチエイジングにお金をかけ始めます。
この時期のアンチエイジングにはプラセンタが最適です。

プラセンタってどうなの?

プラセンタは動物の胎盤から作られていますから、気持ち悪いという印象を持つ方が多いのもうなずけますが、プラセンタは胎盤そのものを使っている訳ではありません。胎盤から有効成分を酵素で抽出し、そのエキスを元に様々なものが作られています。エキスから水分を飛ばしたものが原末や、エキス末と呼ばれています。製造の過程で加熱処理が行われ、菌やホルモンなどは除去されます。非加熱の生プラセンタはこの工程が無いので非常にあやふやな存在で、注意が必要です。

エイジングケアに有効な理由

抽出されたプラセンタには、アミノ酸や成長因子、活性ペプチドなどが豊富に含まれています。プラセンタはアミノ酸に過ぎない、肉を食べるのと一緒である、などとさも知ったかのように語る方もいらっしゃいますが、事実は違います。科学的には解明されていないことが多いですが、臨床的に数々の美容効果が証明されてます。

たとえば、馬プラセンタ原末を使った二重盲検試験で肌弾力の向上が見られています。これは、1ヶ月間馬プラセンタ原末を400mg飲んだ群と、偽剤を飲んだ群で結果を比べたものですが、プラセンタ原末を飲んだ群で肌弾力の向上が認められています。

肌弾力の臨床試験

参照:COCOROプラセンタHP

このような効果のあるプラセンタを普段から飲むことで、アンチエイジングに必要な基礎を作り上げることが出来るのです。
プラセンタには他にも、ホルモンバランスを整える内分泌調整作用や、自律神経調整作用などがあり、抗酸化作用があることもわかっています。

プラセンタをコスパで比較しています。最適なものを見つけてください。
≫≫40種類を網羅、コスパ比較はここ

人気のページ≫≫馬プラセンタの比較表